ブログアフィリエイトで月1,000円稼げた超具体的な方法!

スポンサーリンク

ブログアフィリエイトで月1,000円稼げた超具体的な方法

ブログでまだ収益が発生していない人向け、1記事で月1,000円稼げた方法を超具体的に解説する記事です。

実際に稼げた額はこちら!

この収益は23記事しか入っていないブログの検索流入0の1つの記事から発生しています。

比較的簡単な方法ですのでぜひお試しください!

スポンサーリンク

Twitterを始める

検索流入が無いのでTwitterからの集客を狙います。

フォロワーさんは多ければ多いほどいいと思いますが、Twitter上に記事が上がっていることが大切なのでフォロワーさん0でもひとまず始めてみましょう!

ちなみに1,000円稼げた時の私のフォロワーさんの数は400人弱でした。

ブログを立ち上げる

この記事はブロガーさん向けなので、すでにブログは持っているものとして話を進めていきます。

ASPに登録する

もしもアフィリエイトで「楽天市場」と提携します。

本家の楽天アフィリエイトや他のASPでも「楽天市場」の取り扱いはありますが、報酬が現金なこととツールの使いやすさでもしもアフィリエイトがおすすめです。

➡もしもアフィリエイト公式サイト

楽天市場買い回りについての記事を書こう!

書く記事はずばり「楽天市場買い回りにおすすめ 1,000円以上の商品紹介」記事です。

このブログで言うとこちらの記事になります↓

楽天市場買い周りおすすめ1,000円付近商品紹介!ポイント上限も
楽天の買いまわりポイントアップ、効率よく10店舗回ってポイント10倍ねらいたいですよね^^ このページでは買いまわり条件の1,000円以上のになるようなおすすめの商品をご紹介しています! ぜひ買い回りの参考にしてください...

楽天買い回りとは?

楽天買い回りとは、楽天市場で開催されるお買い物マラソンやスーパーSALEで、1店舗1,000円以上いろいろな店舗で買い物をするとポイントがアップするキャンペーンのことです。(最大10倍、10,000ポイントまで)

なので楽天ユーザーは効率的にポイントアップするため、1,000円くらいのおすすめ商品を探しています。

まう
まう

ポイントアップ向けの1000円商品知りたいな~。

そこで1,000円以上のおすすめ商品はこれですよ、という記事を読んでもらうと成約につながりやすいというわけです!

ベストは実際に買ったものを感想付きで紹介することですが、買ったものが無ければリスト的にピックアップした記事でもいいと思います。

Twitterで記事をツイートしよう!

記事を書き終わりましたらTwitterで記事を紹介します。

ツイートするタイミングはお買い物マラソンや楽天スーパーSALEが始まった日、期間中の5と0の付く日、最終日です。

始まった日は購買意欲が高い人が多く、5と0の付く日は楽天カードのキャンペーンでポイントが多くつく日なのでこちらも購買意欲が高くなります。

最終日は10店舗買いまわれていない人がポイントアップのためにお手軽な商品を探していてこの日も購買意欲が高いです。

まう
まう

もうすぐ買い回りが終わっちゃう!早く10店舗回らねば!!

Twitterでつぶやくのは、フォロワーさんに見てもらうというよりも、Twitter上で買い回り用の商品を検索している人におすすめ記事を見つけてもらうことが重要になります。

なのでフォロワー数が少なくても気にせずどんどんつぶやいていきましょう!

記事をツイートしたその後は

この方法のおいしいところは、お買い物マラソンや楽天スーパーSALEは大体月に1~2回あるのでその度に収益化のチャンスが来るというところです。

毎回反応が良くなるように、記事の内容やツイートの仕方など改良して成果アップを狙っていきましょう!

検索順位を上げよう!

今回解説した方法はTwitterからの集客でしたが、SEOで検索順位を上げればさらに集客ができます。

なのでツイートした後は検索順位上げも意識しながらリライトしていきましょう!

ブログアフィリエイトで月1,000円稼げた超具体的な方法 まとめ

以上、ブログアフィリエイトで月1,000円稼げた超具体的な方法でした!

この方法を応用すれば、Amazonのセールや他のショッピングモールのお得情報でも成果が出ると思います。

ブログアフィリエイトの初収益に貢献できれば幸いです^^

もちろん登録無料!

➡もしもアフィリエイト公式サイトを見てみる

おまけ

あんまり知名度がない?ASPですが無料資料請求で1,000円以上の報酬案件がゴロゴロしているタウンライフアフィリエイトも初心者さんにはおすすめです。

➡【公式】タウンライフアフィリエイトを見てみる